Nextepisode’s blog

国際政治/開発/大学生

なぜギリシャは経済破綻寸前までに陥ったのか

 

EUの加盟国で経済危機に陥っている国はいくつかありますが、その代表格はギリシャです。今回はなぜギリシャが経済危機に陥ってしまったのかについて書いていきます。

 

ギリシャの名目GDPは2016年で世界50位となっています。にもかかわらずギリシャの経常収支の赤字額は世界でもかなり高いです。

 

GDPー国の経済力

経常収支ー物の輸出入の集計

 

ギリシャはEUに01年に加盟しています。なのでどれだけ貿易収支が赤字化しても、為替レートが下落しないという環境が生まれ、ギリシャはひたすら経常収支の赤字を積み重ねていったわけです。国のパンクは貿易赤字が大きな原因であることがわかります。

 

そしてギリシャは公務員の数がかなり多いのです。割合にして4人に1人が公務員です。公務員は民間より1.5ー2.0倍の高い収入を得ます。また年金支給が55歳から始まるのですが、本人が死亡しても、親族にまで受給権が行き渡っていました。

 

これらのお金はギリシャ政府が国民に支払うお金です。なんとギリシャ国債を発行することで年金や公務員の原資を得ていたのです。

 

国債ー国の借金

 

で、結果どうなったのかというと、ギリシャは外国人投資家向けに、自国で金利調整が不可能なユーロ建てで国債を発行せざるえなかったのです。その結果ギリシャ国債の7割は外国人が保有することになりました。

 

日本の場合は負債の90%以上は国内の金融機関などから自国通貨建てで貸り入れしているので、国家破綻になるまでの危機には陥らないのですが、ギリシャは外国からユーロ建ててお金を帰り、国内の公務員の給与や年金を払っていたわけです。

 

常識的に考えればですよ、国内の経済が停滞し、失業なども増えてきたら、海外から入ってきたお金は国内のインフラ設備などに投資をするわけですよ。ただこの国はそんなことを一切してきませんでした。

 

ということでギリシャの失敗は知っておいて損はないですね。

 

f:id:Nextepisode:20170531170236j:image