Nextepisode’s blog

国際政治/開発/大学生

英字新聞を読むならWall Street Journalがオススメ!

 

ここ数年で英語学習者の人口が一段と増えた気がします。英語を学習する上で「一番の学習方法」は人それぞれにあると思います。ある程度英語の文章が読めてくると、読解力の向上や語彙を増やすために、思い切って洋書読んでみよう、英字新聞を購読してみようと考える人もいらっしゃると思います。そこで今回は私が購読している英字新聞の「Wall Street Journal」が個人的に凄くオススメなので、簡単に紹介させていただきたいと思いました。

 

Wall Street Journalはアメリカのダウ・ジョーンズ社が発行する経済新聞です。経済新聞といいましても半分は国際政治を扱っています。日本人の英語学習者で英字新聞を購読している方の殆どはThe Japan Timesを選ぶ傾向にあると思うのですが、後者は「日本人の英語学習者に日本のニュースを英語で読み英語力を向上させる」英字新聞ですので(あくまで個人の見解です)、記事で使われた単語の説明が載っていたり、センター英語に少し毛が生えたレベルの英語学習者にとってもストレス少なく読めるようになっています。一方で前者は、そもそも英語学習者に向けて書いている訳ではないので、"読む"といった観点では必要とされる英語力は比較的高めだ思いますが、より洗練された世界各国の記事を読むことが出来ると感じます。気になる料金ですが、Wall Street Journalは月額5400円です。これで休日を除き月ー金まで自宅に配達されます。毎月5400円の出費と思うとかなり高いような気がしますが、私としては記事の質を考えれば妥当な価格設定だと思っています。

 

そしてこの5400円でプリントとデジタル両方のサービスを受けることが出来ます。毎週5日分の新聞に加え、スマホやPCからでも記事を読むことが出来るのです。ちなみにデジタル版のみですと月曜3131円とお手頃ですが、私は活字で読みたいのでこちらにしています。

 

最後に特筆すべきサービスがあります。それは、最初の3ヶ月間はお試し期間でプリント&デジタル版が1296円で購読出来るというものです。デジタル版のみですと、なんと3ヶ月間108円で記事が読み放題になります。もちろん3ヶ月以内に購読を解除することも可能みたいなので、英字新聞を購読しようか検討中の方はぜひ一度試しに購読してみても良いのではないでしょうか。

 

END

 

f:id:Nextepisode:20170508165858j:image